2008年07月09日

大人の絵本

大人になると、絵本を読む機会というのは、少なくなってきますね。
ブログフレンズが素敵な絵本を紹介してくれました。
今日届いて読んだのですが、静かで優しい絵本でした。

ブルーストーン.jpg

森の中にあった大きなブルーストーンが、ある日二つに分かれました。
一つは人間たちの手によって運び出され、象の彫像に変えられてしまいます。
石は故郷に還りたい。二つに分かたれた、もう半分の石に逢いたい。
そう強く願ったのです。
すると、石は砕けて小さくなってしまったではありませんか。
石はその後、次々と場所を移動され、形を変えられてゆきます。
その度、故郷への強い想いによって砕け散り、どんどん小さくなっていくのでした。
遂には、砂粒ほどになり・・・・。

メモリーズ.jpg

ひとつの記憶・想い出をイラスト&言葉で綴られた、作品集。
小さな世界が凝縮されていて、一冊のアルバムを見ているような感覚です。


********************************

作者であるジミーさんは、白血病を患ったことがきっかけとなり、
絵本作家としての歩みを始められた方です。
絵がとても美しく、物語は切ないけれど温かな言葉で紡がれていました。
これから、全作品を集めたい作家さんですね。


クリック募金にご協力を
    ↓↓↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by smile-one at 00:45| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大人の絵本って、切ないお話が多いように思えるのですが、
絵で癒されて、その言葉で和むことができるような気がします。
わたしも、時間があったら
ゆっくりと読んでみたいですね。
Posted by korokoro-puni at 2008年07月09日 05:33
なんだかドキドキする展開・・・素敵な絵本なんでしょうね。ジミーさん、覚えておこうと思います。
私は子育て真っ只中なのでよく絵本を読んでますね^^泣いた赤鬼を読んで、一緒に泣いたりしています(笑)
Posted by at 2008年07月09日 13:44
>korokoro-puniさん
そうですね、切ない話が多いかもしれません。
この絵本はお話もすごく胸に沁み込んできますよ。
それと、色がとっても綺麗なんです。
絵本は時間をかけずに、見られるから、すごくゆったりした気分にさせてくれますね。(^^♪
Posted by smile-one at 2008年07月09日 21:17
>淳さん
泣いた赤鬼、いいお話ですよね。
絵本には素晴らしいお話が多い気がします。
子どもたちにも、たくさん読んでほしいな。
ジミーさんの絵本は、静かな感動がありますよ。
おすすめです。
Posted by smile-one at 2008年07月09日 21:19
私も絵本は好きです^^
このお話の続きを読みたいですね〜
小さな砂粒になって・・・どうなったのでしょう?
もう半分にストーンに会えたのかなぁ?
Posted by みぃ at 2008年07月10日 13:06
>みぃさん
絵本はいいですよね。
小さな砂になってどうなったかな。
それは、ナイショ^m^
Posted by smile-one at 2008年07月10日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。