2008年08月13日

バッテリー

バッテリー1.jpg

あさのあつこ著、バッテリー。
月曜日にテレビで放映されているのを見て、早速原作を購入。

以前から気になっていた本でした。
大ベストセラーになった上に、映画化・ドラマ化もされ話題になっていた作品ですから。

私があさのあつこさんの作品を読み始めたのは、初期の児童文学ではなく、どちらかというと大人向けの作品を書くようになってからでした。
しかしながら、この「バッテリー」は心の片隅にひっかかっていて、買おうかどうしようか、迷っていたのです。

ドラマでは、天才ピッチャー原田巧の孤独と苦悩が描かれていました。
体の弱い弟に愛情を注ぎ、巧には厳しい母親との関係性。
バッテリーを組むキャッチャーとの信頼関係など、心の部分もよく描写されていて、胸にこみあげてくるものがありました。

簡単に概要を説明すると。
弟の看護に時間を費やすために、巧は祖父のところに預けられます。
まだ幼かった巧は母親を追い求め泣いてばかりいたのですが、野球と出会い満たされない想いを野球にぶつけていくようになるのです。
巧は類まれなる才能を発揮し、天才ピッチャーと呼ばれるようになりました。
しかし、あまりに球が速いため、巧の剛速球を受けることが出来るキャッチャーがいないのです。
そんなとき運命の出会いを巧は果たします。
永倉豪という同級生の出現により、巧は自分の球を受けることが出来るキャッチャーを見つけることができたのでした。
ふたりは絆を深め、バッテリーを組むようになるのですが・・・・。

バッテリーは野球の話が中心ですが、その中核を為しているのは、人間の関わり方のような気がします。
親子・友人・教師と生徒・兄弟。
それぞれの絆を真摯に描いた物語。

遅ればせながら、これから全巻読破していきたいと思っています。


クリック募金にご協力を
    ↓↓↓↓


にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

posted by smile-one at 02:13| Comment(16) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。

バッテリーは、一気に読んでしまう面白さ
です。ただ単に野球小説じゃなく、不器用
だけど仲間とともに成長していく巧の姿
に胸を打たれます。
是非この夏読破してくださいね(^_^)v
Posted by hirokun at 2008年08月13日 08:33
smile- oneさん はじめまして。
昨日は私のブログに足あと残してくださって
ありがとうございます。
お写真や記事 とても素敵なブログですね。
私もヨサコイ大好きなので
とても興味深く読ませていただきました。
またお邪魔させてくださいね♪
Posted by ふれぐら at 2008年08月13日 11:32
スマさん、こんにちは。
お仕事お疲れ様です!
僕はあまり小説を読まないんですけど、この作品は映画化されてますよね〜
見てみたい!という気になりました。
ありがとう!応援!
Posted by kon25 at 2008年08月13日 12:31
こんにちは〜^^
スマイルしゃん♪
バッテリーな、大ベストセラーですよね!
映画と原作では描写が違うけど、
映画の良さもありますよね。
と言うか、映画がとっかかりでした。
6巻のうち、2冊目まで行きました。
私も遅ればせながら。。。です。
思春期のお子を持つお母様、必見ですよね。
感受性豊かで揺れる時代の子供の心を
いろいろ考えさせられます。

癒し系の弟青波くんの存在、好きです。
娘が言うには、マンガの青波くんも
「ちょ〜かわいい」そうですよ。

Posted by ポケたん^^ at 2008年08月13日 12:50
バッテリー。。。
テレビでも映画化もされたんでしたっけ〜

なんかドカベン思い出しちゃったよ〜
私だけ〜??
Posted by ネコママ at 2008年08月13日 12:50
>hirokunさん
流石に読書好き。
もう読破されてたんですね。
確かに、巧が野球や仲間を通じ、少しずつ心を開いていく描写に、胸を打たれます。
この夏はバッテリーに、はまりそうです。(^^♪

いつも訪問&コメントありがとうございます。
Posted by smile-one at 2008年08月13日 18:18
>ふれぐらさん
わざわざ、訪問&コメントありがとうございます。
よさこい好きですか。
全国によさこいが広まっていて、高知県民としては嬉しい限りです。

ふれぐらさんのブログ記事は、とても興味深いものが多かったので、またゆっくり拝見させて頂きますね。
Posted by smile-one at 2008年08月13日 18:26
>kon25さん
小説をあまり読まない人でも、このバッテリーは大丈夫だと思いますよ。
女流作家の作品ですが、野球が舞台の話なので、男性なら「うんうん」と共感を得るところも多いはず。
なんちゃって、私も今から読むんですけどね。^m^
Posted by smile-one at 2008年08月13日 18:29
>ポケたん
いらっしゃい(^^♪
ポケたんは2冊目を読んでるんですね。
私も早く追いつかなきゃ。
バッテリーは親子で読んでもらいたい作品だよね。
巧の孤独や、青波の兄を想う気持ちなど、とても心を揺さぶられるものがあるから。
映画の青波くんを演じた子役の子、すごくいい雰囲気で癒されたよ(*^_^*)

親子関係がおかしな方向にズレている今の社会。
是非、多くの人に読んで欲しいな。

Posted by smile-one at 2008年08月13日 18:35
>ネコママさん
映画化もされ、そのあとNHKでドラマ化されましたね。

もともと、あさのあつこさんの本は好きだったので、絶対いい作品だとは思ってたんですよ。
テレビ放映が読むきっかけをくれたので、感謝ですね。
Posted by smile-one at 2008年08月13日 18:37
smile-oneさん、こんばんは〜☆
あさのあつこさんといえば我が県の誇る
3大女流作家の一人です。。。。
??ん??一人はちょっと路線が違うかな??
小川洋子さん・岩井志摩子さんですけど…

お恥ずかしながら…本の苦手なくまくまchanは
未だに読んだことがありません…バッテリー。
●●県人の恥ですね(/□≦、)エーン!!
Posted by くまくまchan at 2008年08月14日 00:20
>くまくまchan
小川洋子さん、岩井志摩子さんも同県人なんですか。
3人とも大好きですよ。
確かに一人はちょっと路線が違いますが。

バッテリーは漫画化もされてるみたい。
私は今1巻を読み始めたところです(^^♪
Posted by smile-one at 2008年08月14日 02:04
おはようございます。
バッテリーは映画で見た事はありましたが原作は読んだことがありません。
読み終えたら、また感想など聞かせてくださいね。
Posted by やまー at 2008年08月14日 08:32
smile-oneさん、こんばんは〜☆

またまた続きのコメントです!!
字が違ってました〜岩井志麻子が正しいです。
しかも出身高校が一緒で2年間は重なってたみたいです!!
通学が〜。。。。年がばれる??
Posted by くまくまchan at 2008年08月14日 20:28
>やまーさん
映画は見たんですね。
私はテレビ放映されるまで、見てなかったんですよ。
全巻読み終えたら、感想書きますね。(^^♪
Posted by smile-one at 2008年08月15日 00:03
>くまくまchan
あ、私も間違ってますね。(笑)
え〜!! 出身校が同じで、2年は重なってたんですか。
歳は、私も近いかも知れない^m^
Posted by smile-one at 2008年08月15日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。