2012年02月06日

スマの高校お受験 **完結編**

スマ劇場.gif

金歯先生のユニークな指導により、
もともと勉強好きだったスマは、
みるみる成績が上がっていきました。
担任の先生も、この成績ならどこの高校でも
合格できる、と太鼓判を押してくれたほどです。

志望高校は最初から決めていました。
教室から見える、ステンドグラスの窓が魅力的なO高校です。
何より家から近いというのが、一番の決め手でした。

進路相談の日、担任の先生はスマにこう言いました。
「もっとランクを上げてもいいんじゃない。
せっかく塾にまで通ったんだから」
と。
ですが、スマが塾に通っていたのは、
単純に憧れからです。
別に受験のために入ったわけではありませんでした。
「いいんです。志望校はO高校に決めてますから」
担任の先生は肩をすくめながら、
「それじゃあ、O高校に願書出すけど、本当にいいのね」
と念をおします。
「いいです」
即答のスマ。
「わかりました。じゃあO高校で決定します」
進路の聞き取り表に何やら書き込みながら、
先生は若干うらめしそうな表情を見せました。

自分のクラスから、いい学校に合格した生徒の数で、
先生の評価は当然あがります。
ですから目論見が外れ、落胆したのでしょう。

img2.jpg

気がつくと塾へ通うのも、終わりの日を迎えていました。
金歯先生や、Mくん、Yさんともお別れです。
胸に寂しさがこみあげてきます。

金歯先生がスマたちに、お別れの言葉を贈ってくれました。
「皆さん、今までよくがんばりましたね。
がんばった努力は、報われなければなりません。
ですが、もしも第一志望校に入れなかったとしても、
落ち込むことはないんですよ。
ご褒美がちょっと先に延びただけだと思いましょう。
そして努力した時間は、決して無駄ではなく、
未来への貯金だと考えてくださいね」

普通の先生なら、縁起が悪いから志望校に入れなかったときのことなど、
話したりしないでしょう。
でも金歯先生は違っていました。
例え不合格になっても、この先にいいことが必ずあるから、
努力したことは無駄にはならない。
そう教えてくれたのです。

他の大人が言うと陳腐な説法に聞こえたかもしれませんが、
金歯先生の言葉は、心にすーっと届きました。
学ぶことの面白さを教えてくれた金歯先生には
本当に感謝です。

O高校を受験しますと言ったとき、
「そう、いい高校ですよ。楽しみですね」
と金歯先生は笑いました。
担任の先生のように「もっとレベルを上げましょう」とは、
決して口にしませんでした。
そのこともスマにとっては、大きかったかもしれません。

そしてスマは、めでたくO高校に通うことになるのです。


高校に入ってからのお話はまた今度・・・・。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

自分で言うのもなんですが、受験のために塾に通わなくても、
成績はいい方でした。
ですから学校の先生はいわゆる進学校を受験するものだと
思っていたようです。
塾にまで通っていたのですから、当然と言えば当然かもしれません。
大してレベルの高くないO高校に行くと言ったときには、
えらく驚かれてしまいました。

塾で仲良くなったYさんとの話は、ちょっとこぼれ話で、
そのうち書きたいなと思っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

インフルエンザが猛威をふるっていますね。
皆さんご自愛ください。

posted by smile-one at 01:14| Comment(16) | TrackBack(0) | スマ劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネコママの実家は、ど田舎なので塾とか
なかったからなー
テレビで見たら、ちょっと憧れでした^^;

ネコママの娘は中学2年の冬から塾通いしましたが
規模の大きい塾じゃなくスマさんと同じ個人の
塾に通いましたが6年ぶりに今年のお正月
偶然スーパーでバッタリ会って話が弾んでましたよ〜
会いたくない先生より会いたいと思う先生に
出会うことが成績への一歩かもね^^;
Posted by ネコママ at 2012年02月06日 08:25
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
担任と塾の先生じゃ、随分見方が違いますね。
って言うか、金歯先生が特別だったのでは。
若い頃って、何気ないことで憧れたりするもの。
ステンドグラスは大いに結構じゃないのさ。
家から近いのは付録です(笑)
Posted by hirokun at 2012年02月06日 09:48
スマちゃん、こんにちは♪ (*゚ー゚*)☆///♪

塾の先生の方が
子どもの気持ち、ちゃんとわかっていて
言葉に親身があるよね…。
だからスマちゃんも塾の先生の言葉が
心にスーッと届いたんだね。

元々優秀なスマちゃんが
わざわざ塾に通い
楽しく学べたコトは、一生の宝物だねー♪
勉強するコトだけじゃ勉強じゃなくて
いい出会いこそが
人を成長させるんでしょうね。

降る雪を眺めながら
春を待つ女のコ?
ほんわかあったかいカンジがいいね!!
Posted by berry-berry at 2012年02月06日 13:26
インフルエンザではなかったようですが、
昨日から38度の熱と喉の痛みで
ようやく37度に下がって今Macにむかっています。

受験という
10代で1人の人間の一生を左右するようなことが
慣れてしまってあたりまえになっている
今を生きる我々。

まるで不合格者は篩に掛けられて除外されてしまったかのようです。
Posted by Damsel at 2012年02月06日 20:01
一番多感な中学時代をいい先生に巡り合えましたね。
私もず〜と昔だけど、中学の時は塾に行ってました。
今でも家からの道すがらを思い出す事があります。

私はもうおばばだけど(泣)、心に残る思い出が
出来ればいいな♪
Posted by バルおばさん at 2012年02月06日 21:03
うちは逆に落とすわけに行かないという理由で
かなり安全策の高校を進められましたね。
僕なんか内申書が悪かったから
(日頃の行いを査定されました)
志望校は三教科で210点必要なので
ワンランク落とせと言われました。
先生の話に耳は貸すが
言うことは聞かない生徒でしたので
志望校を受けました。
三教科で250点取りました。うふふ。

でも、いい先生にめぐり合えましたね。
Posted by 根岸冬生 at 2012年02月06日 21:08
こんばんは 「何のために勉強するのか」と聞かれると、「今後の人生を充実させるため。旅行に行っても、地理や歴史を知っていると何倍も楽しめるよ」と話します。「微分や積分なんて一生使わない」という人には、「苦労したよね〜」という思い出が宝になると言います。
勉強して、損することなんて何もないよね。本当に、よい先生に巡り合えましたね!
Posted by ようこ at 2012年02月07日 01:31
私は「普通科は無理だから」という理由で工業高校を勧められました。本当は、工業高校の内容はかなり高度なのに、成績が悪いという理由で行くのはおかしい、と妻が言います。しかも私は機械に興味などなく… 単なる成績で輪切りにする決め方なんておかしいですよね。
気に入った学校に行ったスマイルワンさん、ご家族、金歯先生、すばらしいです。
Posted by 熊さん at 2012年02月07日 23:08
>ネコママさん

訪問&コメントありがとうございます。

私の住んでいる町も小さくて田舎ですから、
テレビに出てくるような進学塾はあいませんでした。
その分、個人塾の方が多かったかも。

いい先生との出会いって大切ですよね。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:04
>hirokunさん

訪問&コメントありがとうございます。

金歯先生が特別だったかもしれませんね。
でも私は先生との出会いには恵まれた気がします。
勉強が好きになれたのも、ある意味いい先生に教わったからかもしれません。

ステンドグラスが素敵だった母校は、新しく建てかえられて、えらく近代的な建物に変身してしまいました。
今では、私が好きだった頃の面影もなくて、寂しい限りです。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:08
>berry-berryさん

訪問&コメントありがとうございます。

本当にいい先生に出会えて、楽しい時間を過ごすことができましたよ。
受験というプレッシャーもなく、ほのぼのした雰囲気の中で勉強できて、いい思い出しかありません。

もともと勉強は好きだったのですが、金歯先生との出会いによって、教える側の先生になることを考えた時期もありました。

受験生の方々へのエールで、桜が咲いている中にいる女の子をイメージして描きました。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:12
>Damselさん

訪問&コメントありがとうございます。

体調の方はどうですか。
インフルエンザではなかったとのことですが、
高熱が続くと体力も奪われますから、
温かくして、睡眠をたくさんとってくださいね。

優劣をつけたり、合格、不合格という判定で、人間を篩にかける社会はどうかと考えますが、それだけが全てではないと信じるしかないですよね。

Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:17
>バルおばさん

訪問&コメントありがとうございます。

田舎なので、わりあいオットリした先生が多いんですよね。
その中でも、私はいい先生に巡り合えた方だと思います。
印象に残っている先生もたくさんいます。

学校は勉強を学ぶためだけの場所ではないですが、先生が嫌いだと、学校自体も嫌になりますから、いい先生との出会いは大切でしょうね。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:21
>根岸さん

訪問&コメントありがとうございます。

この時期は、成績が良かったんですよ。
でもその後、勉強以外に楽しいことを覚えたので、下降の一途をたどることになりますが。

根岸さんは反骨精神で合格したんですね。
先生の言うことを聞くことだけが、最善とは限りません。
自分の人生を、自分自身で切り開くのは大切なことだと思います。

私も頑固なので、誰に何を言われても、自分がやりたいように、生きてるタイプです。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:26
>ようこさん

訪問&コメントありがとうございます。

ようこさんのお答え素晴らしいですね。
「何のために勉強するのか」と問われて、答えられない大人は多くいます。

確かに、学校の勉強で社会になって役だっているものは少ないかもしれません。
ですが、そのとき一生懸命考えた時間が、自分を成長させてくれるのだと思います。

知らなかったことが、ひとつでも理解できて、知識の中に増えれば、無駄じゃありません。

いい先生との出会いにより、私は勉強する楽しさを味わえましたから、幸せですよね。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:32
>熊さん

訪問&コメントありがとうございます。

本人の適性を考慮せず、成績だけで進路を決定してしまう、現在の教育には問題がありますよね。

日本人は特に、長所を伸ばすより、短所を克服することに重点をおきます。
そのことが、かえって才能を抑え込む結果となってしまうこともある気がします。

難しい問題ですが、学校は人を育てる場所であってほしいと願うばかり。
Posted by smile-one at 2012年02月08日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250637945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。