2012年08月14日

リハビリ

face5.jpg

いつから外へでてないのだろう、と思い返してみました。
2月20日に退職し、3月14日の入院に至るまでに、
検診と本屋に行った2回。
3月19日に退院し8月14日の現在に至るまでに、
診察と美容院へ行ったついでにTUTAYAへ行った2回。
都合4回という計算ですね。

半年余りの間に、わずか4回。
それから外へ出ることなく、
自分の部屋で一日を過ごしています。

ただ会社勤めをしていた頃から
通勤以外で外に出ることはほとんどありませんでした。
とは言え、月のうち20日以上は通勤で自転車をこいでいますから、
多少なりとも運動はしているわけです。

手術後1か月の間は、
痛みで動くことがかなわず、
大半を布団の上で過ごしていました。
当然、筋肉は落ち、体力は怒涛の勢いで
失われていきました。

もともとの運動不足に輪をかけての体たらくぶり。
もはや芋虫にでもなった気分でした。

勇気を出して外出した美容院からの帰りは、
激しい動悸、眩暈におそわれ、
自転車を漕ぐ力も残されていない状態。
しかもスマ家は坂の上にあります。
勾配は急ではないものの、
ゆるやかな傾斜が長く続くのです。
このときほど、坂を恨めしく思ったことはありません。

face2.jpg

「こんな暑い日に出かけるきよ」
玄関を開けるなり倒れ込んだ娘に、
じぃやは淡々と言い放ちました。
そりゃごもっとも。
高知で最高気温をたたき出した
猛暑の真昼間に私は出掛けていたのでした。

筋肉が全て脂肪へと変貌を遂げた肉体を
我が妹は「ブヨブヨ」と言いながらつまむ始末。

これではいけない、と奮起したわけでもないですが、
いい加減、隠居生活から抜け出さなくてはと
私の中の小さなおばさんが警鐘を鳴らしています。

こうやって久しぶりの長文を書いているのも、
比較的ペースの速い更新も(週末更新の私にしては)、
全てはリハビリ。

いきなり外へ出て運動する、
なんて無謀なことは出来ませんから、
自分が出来ることを、
出来る範囲でやろうという企みです。

背筋をのばしてキーボードを打つ作業は、
背筋と腹筋が鍛えられる気がします。
(姿勢を正した状態で)

そして明日はハローワークへ出かけてきます。(あくまで予定)
インターネットで閲覧した限りでは
結構な数の求人が出ていましたので、ものは試しに。
競争率が激しいうえに、
年齢ではハンデがあるので、
書類審査の突破は至難を極めるでしょうが、
応募しないことには採用にもなりませんからね。
履歴書をたくさん買い込んで、
応募しまくってやるつもりです。
貼付する写真は経費削減のため、
自分で撮って印刷することにして。

準備は万端、虎視眈眈。

私の計画が計画倒れに終わらないよう、
皆さん見守ってくださいませ。

では。

※コメント欄は週末のみ開放します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

リハビリにはもうひとつ意味があります。
先日の記事で、何か夢中になれるものを見つけたい。
そう書きましたが、今のところ本を読むこと、
お話を書くことは、時間を忘れて没頭することができます。
文章を書く、言葉を紡ぐ。
小さな頃から好きなことでした。
ですからブログを書くことはある意味、
私の中で大切な行為とも言えるのです。

ブログを始めた当初は毎日のように更新していました。
それは義務ではなく、書くこと、書きたいことがあったから。
最近は、そういうことが少なくなって、
更新も減ったのに比例して、
文章も書かなくなっていました。
久しぶりに書く文章は支離滅裂で
ちっとも上手くいきません。
自分の想いの3分の1も伝えられない。

なので文章を書くリハビリも始めます。
大好きなお話を、誰よりも自分が楽しめるように。
posted by smile-one at 16:35 | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。