2012年08月25日

スマ劇場++卵巣のう腫編++

スマ劇場.gif

img66.jpg


思いこみが激しくて妄想族のスマは、
自分の中で勝手に物事を結論付けてしまう
悪い癖があります。
今回手術を受けた卵巣のう腫の場合もそうでした。

異変を感じたのは、かなり前のことです。
寝返りを打つ時、右下腹部につるような感覚がありました。
その感覚は盲腸のときに感じた痛みとよく似たものでした。
「まさか、また盲腸?」
と、疑いましたが2度盲腸をした人なんて、
聞いたことありません。(手術でとった場合)
盲腸はもうないはず。

そのときスマの脳裏にある映像が浮かびました。
それは・・・・。
手や足を切断した人が
あるはずのない手や足の痛みに苦しめられている姿です。
どうして痛みを感じるのか。
それは痛みの記憶が脳に残っているためで、
実際の痛みではないというテレビ番組を見たことを思い出したスマは、
またもや見当違いをしてしまいました。

盲腸はないけれど、
痛みの記憶がまだ残っているのか。
ずい分と昔のことだけれど、
人間の脳って、摩訶不思議。
痛みの原因は脳にあり、
記憶が作りだした架空の痛みなのだと、
勝手に納得してしまったスマなのでした。

face16.jpg

けれど、痛みはどんどん激しくなっていきました。
歩くと右下腹に振動が伝わり、
立っていられなくなることもありました。
架空の痛みにしては生々しいな、
とさすがのスマも疑いを持ちはじめます。(遅い)
が、そこは痛みに鈍いスマ。(自慢じゃない)
慢性的になってきた痛みにかなり慣れ始めていました。
日常的には痛みも緩やかになり、
気になることもなくなっていったのです。
ときどき痛みが鋭くなるのは、
生理にあたる前後だったので、
生理痛のおまけ、ぐらいに考えるように
なりました。
病は気から、よ。
と、間違った認識のまま、
病気なんかじゃないさ、と
気持ちだけは元気なスマでした。

              つづく。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の盲腸編に続き今度も病気のお話となりました。
早期発見、早期治療はとても大切なことです。
体に異変を感じたらすぐ病院に行きましょう。
と、私が一番そうすべきですね。
わかってますよ。

ちっとも学習しないおばかな体験談を、
反面教師として笑って読んで下されば
嬉しいです。

男性の方にはわからない痛みでしょうが、
私は生理痛が酷く、
卵巣のう腫の痛みはそれに比べると
我慢できる程度でした。
そのことが却って病状を悪化させてしまったみたいです。



posted by smile-one at 01:43| Comment(10) | TrackBack(0) | スマ劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

色んな痛みや不快感が慢性的ですと
いつものことかな?って、思ってしまいますよね。
それで手遅れ、なんてこともありますから
気をつけたいと思います。

まずはその基本的な、
精神を健康的にしていきたいと思います。
Posted by Damsel at 2012年08月25日 20:46
スマちゃんの絵。

痛いのを我慢しようとする子供心。
初めて体験する恥ずかしさと戦う子供心。
なんだか、そんな心の器を超えて起こってくる出来事に直面している子供の心が伝わってきて
しんみりしてしまいます。
Posted by 根岸冬生 at 2012年08月26日 12:33
こんばんは
痛みの程度は、人と比べるわけにいかないので、我慢強い人とそうでない人で、受診する状態が違ってくるでしょうね。熊さんの母は子宮がんで早くに亡くなりましたが、後で考えると「いたたた…」とよくお腹を押さえていたようです。我慢強い人だったのでしょうか。残念ながら手遅れになりました。
大げさだと笑われても、時には受診しておくべきですね。
Posted by ようこ at 2012年08月26日 21:02
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
私も子どもの頃から長患いがあったんですが、
痛みや不快感に慣れると、どんどん我慢して
結局最悪の限界までに。
スマイルさんも大変でしたね。
ゆっくり静養して、これからはきちんとドックを
受診したりして、予防に努めましょうね。
Posted by hirokun at 2012年08月27日 08:43
卵巣のう腫だったんですね〜
ネコママも10年前にやったけれど
自覚症状はなく会社の無料ガン検診で
発見されましたよ〜筋腫もいっぱいあったけど^^;

痛みがあったのなら大きかったでしょうね。。。
ネコママはテニスボールくらいだったらしいです
Posted by ネコママ at 2012年08月27日 09:01
>Damselさん

訪問&コメントありがとうございます。

私の友人は、少しでも違和を感じると病院に行きますね。行きすぎじゃない?ってくらい。
でもそれ位の方が、予防にもなっていいのかもしれません。

病気になると気持ちもふさぎがちになりますから、
心身ともに健康が一番ですね。
Posted by smile-one at 2012年08月27日 17:14
>根岸さん

訪問&コメントありがとうございます。

イラストをそのように行っていただけて、
嬉しいです。

下手で簡素な絵なのですが、
そこから伝わる何かがあればいいな、
といつも思って描いています。
Posted by smile-one at 2012年08月27日 17:19
>ようこさん

訪問&コメントありがとうございます。

昔は、ちょっとしたことで痛いとか辛いなどと
弱音を吐くことは悪いことだと言われてきました。
その延長戦上で今でも痛みを我慢してしまう、
悪い癖となっています。

我慢はときに美徳だけれど、
体の痛みや不調の我慢はよくないですね。
私も気をつけようと思います。
Posted by smile-one at 2012年08月27日 17:21
>hirokunさん

訪問&コメントありがとうございます。

我慢がときに危険な状態を招く結果となる
場合がありますね。
私も幼少期から病気がちでしたから、
痛みや不快感に慣れてしまっていました。

若いときはそれでも回復力があったのですが、
年齢的にどんどん低下していき、
治療後が大変になってきます。

これからは、きちんと早めに検診・治療を
受けたいと思ってます。
Posted by smile-one at 2012年08月27日 17:24
>ネコママさん

訪問&コメントありがとうございます。

ネコママさんも卵巣のう腫だったんですね。
自覚症状がない方の方が多いと聞きます。
私は違和感を感じたのは2年以上前で、
検診でひっかかり手術となりました。

記事の追記にも書きましたが、
もともと生理痛がひどかったんです。
なので卵巣の痛みはその一部だと思ってました。

子宮筋腫もたくさんありますが、
開腹手術をするとあとが大変だから、
今回はそのまま保留することに。

お互い、体には気をつけていきたいですね。
Posted by smile-one at 2012年08月27日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288266012

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。